東京でベイザー手術を安全に受ける

東京でベイザー手術を安全に受けるには

ベイザーを受けた後の注意点

ベイザーの脂肪吸引を行って、これで理想の体を手に入れたと喜んでいるあなた!

まだ終わりではありません。

従来よりも体に対する負担が少ないとはいえ、少なからず負担はあります。

術後の過ごし方によって、回復の早さが変わってくることもあります。

カニューレを脂肪層に入れて脂肪吸引を行った後は、カニューレの通り道ができています。

その通り道に麻酔液や施術で出てしまった血液などが溜まると、その部分が腫れます。

脂肪吸引をした部位を圧迫することによって、脂肪層に空いた空間が埋まっていきます。

そして内出血やむくみ、腫れを緩和されます。

ほとんどの女性が持っていると思われるガードルやストッキングなどがその役割を果たします。

自分の体をキレイに作っていくためには必要なことです。

しかし間違った着用は、せっかくベイザーで満足がいくような施術をしても、最終的にキレイな体のラインにならない可能性があるため、施術直後はクリニックで包帯やサポーターを用いて適切にテーピングを行うことをおすすめします。

術後1~3週間ほどでむくみが無くなるので、その間サポーターやガードルなどの固定下着を着用した方が良いでしょう。

ベイザーの脂肪吸引だけの話ではないのですが、術後に注意すべき点の一つに、喫煙と飲酒があります。

今は男性も女性も同じようにタバコやお酒を嗜むようになりました。

タバコがもたらす悪害はたくさんあります。

ベイザーの脂肪吸引後で言えば、内出血が悪化します。

そして回復が遅れる可能性もあります。

できる限り吸わないようにした方が良いと思います。

お酒はタバコと違い少しなら体に良いと言われますが、施術前日は控えることはもちろん腫れやむくみが取れる1~3週間の間は、念のために控えることをおすすめします。

入浴については、術後ダポーターなどでの圧迫が終わる3~4日目以降にシャワーが可能になります。

入浴は、術後1週間は入らない方が良いので、施術をする季節も考えなければなりませんね。

術後から2週間という期間は、とても大切な時期です。

術後1週間でウォーキングなどの軽めの運動ができるようになるので、積極的にすることによって回復が早くなります。

ランニングなどの激しい運動に関しては、術後1か月以降に行ってください。

ベイザーで脂肪吸引した部位が安定するのがその頃なのです。

東京のベイザー手術情報をお探しならこちらから

詳しいベイザーの脂肪吸引の情報はこちらになります。

Comments are closed.

© 2016 東京でベイザー手術を安全に受ける